台湾のポスター・掲示物・案内等(衛生・医療・福祉・政府広報編)

台湾旅行中に写真に撮った写真シリーズその1

今回は衛生・医療・福祉・政府広報を片っ端から放り込んでいきます。

花蓮車站(2013年)

猴硐貓村(2013年)

台北地下街(2014年)

いわゆる「覚せい剤やめますか? それとも人間やめますか?」系

九藏喵窩
https://www.dnaxcat.net/
※この猫のキャラクターのWebサイト

台東市内の7-ELEVENのイートインスペース(2015年)

台東のバス車内(2015年)

檳榔(ビンロウ)噛んでると癌で寿命が縮むぞ的な内容

花蓮航空站(2015年)

台東車站(2015年)

ガン検診を受けろ的な

台南車站(2015年)

いわゆる「ダメ、ゼッタイ」的なやつ
愛滋毒品(AIDSドラッグ)とあるので、薬物注射器使いまわし防止啓発なのでしょうか

高雄車站(2015年)

いわゆるブラック企業に就職しないために的な政府広報

台鐵板橋車站(2015年)

団体ツアー旅行を装った催眠商法に注意という政府広報のようだ
ちなみに出稿元は行政院大陸委員會(台湾における中国・香港・マカオ担当の外交機関)

天母古道(2017年)

臺北轉運站(2017年)

飲酒運転防止啓発広告のようだが、何故台北のバスターミナルにこれがあるのかは不明

埔里酒廠(2017年)

入口案内看板だが、広告扱いなのか未成年者飲酒と飲酒運転禁止の表記がある

斗六車站 入口(2017年)

台中市内の地下道(2017年)

台中市公車 車内(2017年)

一時のドラッグの快楽と引き換えに一生オムツが外せない体になるよというドラッグ防止啓発

桃園機場のトイレ(2018年)

旗津海水浴場 周辺(2018年)

板橋車站(2018年)

癌治療のために妙な民間療法はやめましょう的な政府広報

桃園機場(2018年)

天祥 公車站(2019年)

豐原客運東勢站(2019年)

2歳未満の育児・保育補助が引き上げられるという衛生福利部の政府広報

台鐵 水上車站(2019年)

不法滞在者は期間中に名乗り出ればペナルティの減免があるよという移民署の広報

高雄客運甲仙站(2019年)

流感(インフルエンザ)と腸病毒(エンテロウイルス)予防の啓発ポスター

関連記事

台湾のポスター・掲示物・案内等(公共交通編)

台湾の掲示とポスター(軍事編)

Be the first to comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください